X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

台風19号 県内への予想される影響は/岩手

 2019年10月11日 18:54 更新

大型で非常に強い台風19号は、13日の未明から朝にかけ県内に最も接近する見込みです。気象台は早めの対策や避難を呼びかけています。

盛岡地方気象台は11日午前会見を開き、大型で非常に強い台風19号が12日未明から朝にかけ県内に最も接近する見込みであると発表しました。予想される雨の量は12日の正午までの24時間に多いところで80ミリ、12日の正午から13日の正午までの24時間に多いところで300ミリから400ミリとなっていて、大雨特別警報が出される可能性もあります。また、13日にかけて雨のほか暴風や洪水、沿岸ではしけにも警戒が必要で、台風の接近が夜であることから気象台は早めの対策や避難を呼びかけました。

台風19号の接近にともない、有識者でつくる県の風水害対策支援チームが招集され、市町村に助言をおこないました。

(県総合防災室・佐々木室長)
「平成28年台風第10号災害を凌ぐような暴風雨となることが予想される」

支援チームは協議の結果、12日の夜遅くから13日昼ごろにかけて強い雨と風が予想されるとして、明るい時間帯に避難勧告を発令するなどの措置をとるよう全市町村に通知しました。この通知によりますと、12日夕方から大雨警報が発表される見込みであるとして、沿岸や内陸南部で特に警戒するよう呼びかけています。支援チームは12日も協議を行ない、午後1時ごろに再び市町村へ助言を通知することにしています。

今日のニュースエコー

プロ野球ドラフト会議▽台風19号▽中津川べり20回 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/10/17 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。