X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

三陸鉄道の利用者倍増 4年ぶり黒字見通し/岩手

 2019年10月08日 19:00 更新

岩手県沿岸を走る三陸鉄道の今年4月から8月までの利用者は、去年の同じ時期に比べ、倍以上に増えたことがわかりました。これにより今年度の決算は4年ぶりに黒字となる見通しです。

これは8日の取締役会で報告されたものです。今年4月から8月までの5か月間に三陸鉄道を利用した人の数は、前の年の同じ時期の倍以上ののべ49万人余りに上りました。三陸鉄道は3月に、旧JR山田線の宮古-釜石間が移管され、久慈と大船渡が1本で結ばれてリアス線として開通しました。これにより観光客が増加したほか、6月から8月にかけて行われた「三陸防災復興プロジェクト」など大型イベントの効果で、利用者が増加したと見られます。利用者の好調な増加を受けて今年度の決算は、4年ぶりに3、000万円余りの黒字になる見通しとしています。

(中村一郎社長)
「私が想定した以上に多くのお客さんに使っていただけたかなと。それに連動して収入も上がっていると思っております。地元の皆さんの利用を、改めていろんな機会に呼びかけ、市町村の協力も頂きながらいろんな取り組みをやっていく」

三陸鉄道では観光客が減る冬場に向けて、沿線市町村の祭りや催しと連携した取り組みを行うことにしています。

今日のニュースエコー

プロ野球ドラフト会議▽台風19号▽中津川べり20回 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/10/17 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。