X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

東京五輪・パラ五輪選手村建設へ県産木材出発式/岩手・遠野市

 2019年10月07日 19:00 更新

来年の東京オリンピック、パラリンピックの選手村の建設に提供される、岩手県産の木材の出発式が7日、遠野市で行われました。

出発式は、保和衛副知事や大会組織委員会の関係者などが出席して行われました。岩手県は東京オリンピック・パラリンピックの選手村、「ビレッジプラザ」の建設に、遠野市や岩泉町、野田村など県内8つの市町村のアカマツとカラマツを無償で提供します。ビレッジプラザは木造平屋建てで、延べ床面積はおよそ6000平方メートル。大会期間中は最大で1万8000人の選手や関係者が宿泊します。建物は全国63の自治体から提供された木材で建設され、このうちおよそ300平方メートルで、岩手県産の木材が使用されます。

(保和衛副知事)
「世界中の多くの国の方々に手に触っていただいたり、香りを嗅いでいただいたり、そのようなことが出来て、そういえば岩手県は東日本大震災からの復興で頑張っている所だと、岩手に思いを馳せていただく機会になればと思っています」

出発式では木材が無事に到着するよう、地元の小学生からトラックの運転手に安全運転のお守りが手渡されました。選手村は来年3月頃に完成の予定です。

今日のニュースエコー

プロ野球ドラフト会議▽台風19号▽中津川べり20回 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/10/17 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。