X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

障害者がワインづくり 新たなワイナリーオープン/岩手・花巻市

 2019年10月04日 19:00 更新

岩手県花巻市に4日、シードルやワインを醸造する新たなワイナリーが誕生しました。原料となる果実の栽培からラベルの貼り付け、販売などさまざまな作業を障害のある人たちが担当します。

新たなに誕生したワイナリー、その名も「アールペイザンワイナリー」は、フランス語で芸術を意味する「アール」と、農民を意味する「ペイザン」をかけ合わせ名づけられました。ワイナリーは、障害者の就労施設などを運営する社会福祉法人悠和会が、国や市、日本財団の支援をうけて整備したもので、4日は関係者が集まり開所式が行われました。花巻市幸田地区の棚田の休耕田を活用して建てられた施設は、棚田特有の斜面を活用した2階建て。1階が醸造所、2階が来年2月にオープン予定のワインショップとなります。このワイナリーでは、就労施設を利用する障害者5人がワインづくりに取り組みます。

(悠和会・宮澤健理事長)
「いろんな技術を持って働く障害者がいる。その人たちがいる所に都会や外国から若い人たちが来て作り方や醸造の仕事を学ぶ。障害者の人たちが地域を担う若い人たちを育てていくような、そこがおもしろくなる」

施設の脇では去年からワイン用のブドウの栽培が始まっていて、早ければ2年後に収穫、醸造が可能となるということです。今年度はリンゴの「ふじ」を使用したシードル、およそ2000リットルの醸造に取り組みます。

今日のニュースエコー

プロ野球ドラフト会議▽台風19号▽中津川べり20回 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/10/17 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。