X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

「一本桜」描き 命の大切さ考える/岩手・一関市

 2019年09月17日 18:54 更新

一関市の小学校で、子ども達が大きなキャンパスに一本の桜の木を描く特別授業が行われました。震災からの復興の願いを込め、命の大切さを考える授業です。

特別授業が行われたのは、一関市立厳美小学校です。「命の一本桜プロジェクト」と名付けられたこの特別授業は、神戸在住の画家、中嶋洋子さんが企画したもので、縦3.2メートル、横8メートルの模造紙に春の象徴の桜を描き、生命力を表現します。阪神淡路大震災で絵画教室の教え子を失った中嶋さんは、未来に生きる子ども達に命の大切さを伝えようと、東日本大震災が発生した2011年から東北の被災地の小中学校でこの活動を続けています。厳美小学校には2008年の岩手宮城内陸地震で被災した地域の児童もいます。子どもたちはクレヨンで力強く桜の幹と空へ伸びる枝を書き込み、手のひらに塗ったピンクの絵の具で花を表しました。

(参加した児童)
「こうやってペタペタやっているうちに、東日本大震災や阪神大震災で亡くなった人の思いを僕が継げたらなと思ってやってます」

作品は今後、校内に展示される予定です。

今日のニュースエコー

プロ野球ドラフト会議▽台風19号▽中津川べり20回 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/10/17 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。