X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

「沖出しルール」作成の漁協が初の訓練/岩手・宮古市

 2019年09月13日 19:00 更新

津波が予想される場合、漁船を沖合に避難させる「沖出し」について、岩手県内の漁協で初めてルールを定めた宮古・田老漁協が13日、そのルールに基づき避難訓練を行いました。
訓練には大小合わせて10隻の船が参加。船が田老漁港沖合いで操業中に大津波警報が発表され、およそ20分後に5メートルの津波が到達するという想定で行われました。田老漁協では去年2月、県内の漁協として初めて沖出しルールを作成しました。ルールは船の大小にかかわらず、「漁家が陸にいる時は沖出しをしない」、「海上で操業中はサッパ船など小さな船は原則沖出ししない」、「4トン以上の大型船は状況により沖出しする」となっています。13日はこのルールに基づき、沖出しに必要な時間と漁港に戻る時間をそれぞれ計測しました。

(訓練に参加した第八山忠丸の梶山忠さん)
「船よりまず命。その時もし沖にいたとすれば、陸に帰らず津波が収まるまで沖にいるというのが考え方で、田老漁協のマニュアルもそれが基本でできている」

田老漁協では訓練の結果をもとに、さらに細分化されたルール作りを進めることにしています。

今日のニュースエコー

医大新付属病院あす外来診療開始一関ハーフ▽沢内甚句 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/09/23 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。