X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

「走り参り」一番福を目指し激走!/岩手・花巻市 

 2019年09月10日 18:54 更新

岩手県花巻市石鳥谷町で開かれている石鳥谷まつりで10日、「走り参り」という催しが初めて行われました。およそ30人の「福男」たちが商店街のコースを走り、御利益があるとされる「一番福」を目指しました。

走り参りは、8日から10日まで行われている石鳥谷まつりが40回目となるのを記念して行われました。走り参りは祭り会場の商店街の直線道路400メートルを走り、一番福を目指す競走です。初めての実施となった今回は、13歳から55歳まで、地元や盛岡、金ケ崎町などから32人の男性が参加しました。会場近くの熊野神社で祈祷を受けると全員が福男に。走り参りで一番福を目指します。

こちらは地元石鳥谷中学校の生徒たち。15人が出場します。陸上部で3年生の菊池悠生さんは先月、中総体の東北大会に1500メートルの県代表として出場していて、走り参りでも上位をうかがいます。

(菊池さん)
「第一回で記念に優勝して(景品の)米60キロをもらいたい」

午後1時半、全員がスタート位置につきました。菊池さんは2列目スタートです。

一斉にスタート!大勢の観客の前を一瞬で通り過ぎていきます。

レースを制したのは花北青雲高校1年の鎌田有仁さん。一番福です。石鳥谷中学校の菊池さんも見事「三番福」となりました。

(菊池さん)
「思ったよりあっという間で楽しかった。(走り参りは)町づくりにもつながっていくのでとてもいいと思う」

初めて実施した福男たちの激走に会場は大盛り上がりでした。石鳥谷まつりはこの後、午後9時まで山車や神輿運行が行われます。

今日のニュースエコー

医大新付属病院あす外来診療開始一関ハーフ▽沢内甚句 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/09/23 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。