X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

知事に現職達増氏4選 県議は自民が第1党に/岩手

 2019年09月09日 12:00 更新

任期満了に伴う岩手県知事選挙と岩手県議会議員選挙は8日に投票が行われ、知事選は現職の達増拓也氏が4選を果たしました。県議選では自民党が14議席を獲得し、第1党です。

知事選の開票結果です。野党4党の推薦を受けた現職の達増拓也氏が、7割を超える得票率で40万2803票を獲得。自民党と公明党県本部が推薦した、新人の及川敦氏に24万票余りの差をつけ、4回目の当選を果たしました。

(達増氏)
「沿岸地域の東日本大震災津波からの復興、これを確かなものにし、同時に沿岸も含めた地域ごとの地域振興も力強く進めていきたい」

投票率は53.46%で、選挙戦となった前々回、8年前を6.46ポイント下回りました。同時に行われた県議会議員選挙は、選挙戦となった8つの選挙区で現職24人、新人8人、元職1人の合わせて33人が当選し、すべての議席が確定しました。

(盛岡選挙区で初当選した米内紘正氏)
「日本を引っ張っていく岩手にする、その覚悟で生涯をかけて働かせていただきます」

党派別にみると、自民が無投票の選挙区も合わせて14議席を獲得し第1党となった一方、盛岡選挙区で現職が落選した国民民主は9議席で、改選前より1議席減らしました。公明、共産、社民、無所属会派の「いわて県民クラブ」は、それぞれ改選前の議席を維持しています。

今日のニュースエコー

医大新付属病院あす外来診療開始一関ハーフ▽沢内甚句 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/09/23 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。