X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

秋の高校野球県大会 組み合わせ決まる/岩手

 2019年09月06日 19:00 更新

出場29チームの対戦カードが決定です。来年春のセンバツ甲子園につながる秋の高校野球岩手県大会の組み合わせ抽選会が行われました。

抽選会は6日午後、盛岡工業高校で行われ、県内7つの地区予選を勝ち抜いた29チームのキャプテンが集まり、くじを引いて対戦カードが決まりました。はじめにAブロックです。夏の甲子園に出場した花巻東は初戦で高田と対戦します。種市・久慈工業は連合チームとして唯一の出場。盛岡中央との初戦に臨みます。

(種市・久慈工業連合チーム 大久保毅康主将)
「応援してくださった方々への感謝を持って、とりあえず1勝を目標に県大会11人でがんばりたいです」

続いてBブロックです。釜石商工と釜石は、初戦から同じ地区同士の顔合わせとなりました。秋の県大会44年ぶりの出場を決めた盛岡農業も初戦から、同地区で去年の優勝校の盛岡大附属に挑みます。

(盛岡農業 武田健介主将)
「盛岡農業は久しぶりに県大会に行って、盛農の歴史を変えたいと思っているので、全員野球で頑張りたいと思います」

選手宣誓は釜石高校の吉田凪主将に決まりました。秋の高校野球県大会は今月13日に開会式が行われ、翌14日から盛岡の県営球場、花巻、金ケ崎・森山の3つの球場で熱戦が繰り広げられます。県大会の上位3チームは、来月11日から岩手で行われる東北大会に出場し、来年春のセンバツ出場をかけて戦います。

今日のニュースエコー

医大新付属病院あす外来診療開始一関ハーフ▽沢内甚句 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/09/23 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。