X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

「あおり運転」の訴えで町長が陳謝/岩手・大槌町

 2019年09月05日 18:54 更新

大槌町の副町長があおり運転をしたとして町民の男性が訴えていることについて、平野公三町長は5日開かれた町議会で、「町民に心配と迷惑をかけた」と陳謝しました。

平野公三町長は5日の臨時町議会で、あおり運転をしたとして澤舘和彦副町長が警察の捜査を受けていることについて陳謝しました。

(大槌町・平野公三町長)
「議員各位、並びに町民の皆様に対してご心配とご迷惑をかけることとなり、衷心よりお詫び申しあげます。たいへん申し訳ございませんでした」

議会には澤舘副町長も出席しましたが言葉はなく、町長と一緒に頭を下げました。このあと行われた全員協議会で澤舘副町長は「あおり運転をした認識はない」と改めて否定した上で、先月2日、被害を訴えた男性に説明に行った際に暴行を受け、警察に被害届を出したと述べました。

町によりますと、先月1日、大槌町内の男性から「釜石自動車道で公用車にあおり運転をされた」と訴えがあり、その後、公用車は澤館副町長が運転していたことが分かりました。警察は副町長のあおり運転について捜査を進める一方、暴行したとされる相手の男性についても任意で事情を聴いています。暴行について男性は取材に事実を認めています。

今回の問題を踏まえ、平野町長は公用車にドライブレコーダーを設置するよう指示し、町は職員を対象に警察による安全運転講習会を行うとしています。

今日のニュースエコー

医大新付属病院あす外来診療開始一関ハーフ▽沢内甚句 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/09/23 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。