X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

高校生歌人の頂点へ 「短歌甲子園」開幕/岩手・盛岡市

 2019年08月16日 18:54 更新

高校生たちが31文字に思いを込める全国高校生短歌大会=短歌甲子園が、歌人石川啄木のふるさと盛岡で16日、開幕しました。

短歌甲子園は石川啄木の生誕120周年を記念して2006年に始まったもので、今回が14回目です。16日は午後3時から盛岡市渋民の姫神ホールで開会式が行われ、全国から予選を勝ち抜いた21校73人の高校生が集まりました。県内からは4校が参加し、遠くは沖縄から来た高校生たちもいます。

式では団体戦予選リーグの組み合わせ抽選も行われ、前年度の団体戦優勝校、茨城県立下館第一高校の大幡浅黄さんが選手宣誓をしました。

(選手宣誓)
「私たちは本大会において仲間と団結し、全力を尽くし、精いっぱい短歌を楽しむことを誓います」

開会式の後は、17日からの競技を前に選手たちが石川啄木記念館や渋民公園など啄木ゆかりの地を巡り歩き、創作のイメージを膨らませました。

(沖縄から参加した高校生)
「あまり来ることのない場所でやることができて、とてもうれしいです。台風に負けないように頑張ります」

(地元の高校生)
「啄木のように、自分の生まれ育った町とかそれを題材にしたような詩を創れたらなと思います」

競技は団体戦と個人戦が、17日から2日間にわたって盛岡劇場で行われます。

月曜日のニュースエコー

県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/08/26 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。