X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

Uターンピーク 台風10号で空の便に影響/岩手

 2019年08月15日 18:55 更新

お盆をふるさとや行楽地などで過ごした人たちのUターンラッシュは、15日、ピークを迎えました。西日本に上陸した台風10号の影響で岩手県内でも空の便に影響が出ました。

いわて花巻空港発着の空の便は、日本航空の大阪便が4往復8便のうち2往復4便が欠航、フジドリームエアラインズの名古屋便は午前の便は運航しましたが、午後発着の2往復4便が欠航しました。

(名古屋便の午前の便利用者)
「お盆期間中ずっと心配だった。朝一の便だからギリギリ飛んでくれればいいかなと」

日本航空の札幌便と福岡便は通常通り運航しました。

一方、JRは東北新幹線、秋田新幹線に、台風による遅れや運休はありませんでした。JR盛岡駅では大きな旅行カバンやお土産の袋を下げた人たちが多く見られ、それぞれに家族や友人との別れを惜しんでいました。

(新幹線利用者)
「(台風は)こっちにはあまり影響ないかなと思って、大丈夫かなと思って安心はしていました。ただ(東京に)着いてからがどうなのかなと思っていますけど」
「お墓まいりに行きました」
「(楽しかったのは祖父母と)一緒に花巻へ行ったりしたことです。(岩手は)心を癒してくれるところです」

新幹線も15日がUターンラッシュのピークで、上りの指定席は終日満席となったほか、16日以降も朝の早い列車を除いてすでに終日満席となっています。

またネクスコ東日本によりますと、東北自動車道の上りも15日が混雑のピークでしたが、県内では渋滞は発生しませんでした。しかし16日も交通量は多い見込みで、宮城県から南では渋滞が予想される地域もあるということです。

月曜日のニュースエコー

県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/08/26 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。