X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

令和初の終戦の日 戦没者追悼行事や平和願う行事/岩手・盛岡市

 2019年08月15日 18:55 更新

15日は戦後74年、そして令和最初の終戦の日です。これにあわせて盛岡市では、戦没者を追悼する行事や平和を願う行事が行われました。

盛岡の岩手護国神社で行われた戦没者追悼平和祈願祭には、遺族の代表などが参列し正午の時報にあわせて黙祷を捧げました。令和の時代を迎え、遺族の高齢化や記憶の風化が危惧されるなか、英霊にこたえる会岩手県本部の内藤隆会長は、「尊い犠牲と遺族の苦労を正しく次世代に伝える」と誓いました。この後、遺族たちは、戦没者の名前が書かれた木の札を火にくべ、立ち上る炎に手を合わせ悼んでいました。

一方、盛岡の街頭では、戦時中の召集令状、いわゆる「赤紙」を写し取ったチラシが配られました。15日は岩手県母親大会連絡会のメンバーが道行く人に平和の大切さを訴えたほか、憲法9条改正に反対する署名も呼びかけました。母親大会連絡会の鈴木まき子会長は、「今は赤紙の存在を知らないという人もいる。悲惨な戦争があったことを伝えていく」と話していました。赤紙のチラシは県内20か所余りであわせて3800枚が配られました。

月曜日のニュースエコー

県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/08/26 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。