X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

小学校旧校舎で一日限りのお別れ見学会/岩手・陸前高田市

 2019年08月13日 19:00 更新

懐かしの学び舎にお別れです。取り壊されることになっている、陸前高田市立高田小学校の旧校舎でお別れ見学会が行われ、卒業生や縁の人たちが訪れました。

震災発生時、1階部分が津波に襲われた高田小学校の旧校舎。児童は上の階に逃れて無事でした。その後、今年の1学期まで使われた旧校舎ですが、新しい校舎が高台に建設され、2学期からは新校舎で授業開始です。13日のお別れ見学会には、卒業生や学校に縁の人たちが次々と訪れました。

(震災前の卒業生)
「松林が見えたりして街並み、街並み・・その辺にケーキ屋さんがあって」

震災前は教室から高田松原が見えたという旧校舎。今は校舎の周辺に災害公営住宅が建ち、風景は大きく様変わりしました。震災の年から6年にわたり校長を務めた木下邦男さん。思い出すのは、大変な状況の中でも笑顔を忘れなかった高田小の子どもたちです。

(木下邦男さん)
「震災前は個性の強い子がいて楽しかったんですが、震災後は本当に大変な状況だったけど、学校に来れば明るくて頑張ってる子どもたちでしたね。本当に励まされました」

笑顔で震災を乗り越えた子どもたちもまた、校舎に別れを告げに来ていました。

(震災の年に入学した人)
「教室とか入って、自分たちがちっちゃかったんだなってわかりました」

校舎が取り壊された跡地には、新しい陸前高田市役所が建設されます。1958年卒業の秋吉幸治さん72歳は、この場所に高田小があった証を残してほしいと願っています。

(秋吉幸治さん)
「100年以上ここにいるんだから。市役所のごく一部にでいいから、ここに学校があったという証を何かの形で残してもらえばいいかなと思って」

訪れた人たちはそれぞれの思いを胸に、懐かしい学び舎の最後の姿を目に焼き付けていました。

月曜日のニュースエコー

県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/08/26 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。