X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

来年度から必修 プログラミング教育モデル授業/岩手・紫波町

 2019年06月24日 19:00 更新

来年度から小学校で、コンピューターのプログラムを思い通りに動かすことで論理的な思考力を育むプログラミング教育が必修となります。全面実施へ向けて岩手県紫波町の小学校で、モデル授業が行われました。
授業はプログラミング教育の指導方法や教材について、基準となる形を作ろうと、紫波町と盛岡地方振興局が共同で行うものです。モデル校となっている紫波町立古館小学校では初回の24日、AIが身近になる未来の社会やプログラミングで様々なものを動かせることを学んだあと、4つの指示で車をスタートからゴールまで運ぶ方法を考えました。6年生の児童は指示をどのように組み合わせるかや、なぜその道を選んだのかを仲間と話し合いながら問題を解いていました。

「右90度回転、2マス前進」
「曲がる数が少なく、指令する回数が少ないからです」

(授業を受けた児童)
「プログラミングで、いろんなものを動かせたりするところが不思議でした」
「でっかいものを動かしてみたい。家とか」
「スタートからゴールにたどり着くのを、みんなで考えたりするのが難しかったです」
「(プログラミング技術で)車イスとかも、もっと便利になればいいと思います」

授業は11月まで全10回行われ、正しい手順で目的を達成する方法を論理的に考える力、プログラミング的思考を身につけます。

今日のニュースエコー

高校野球▽空港に検疫探知犬▽在宅レスパイトとは? ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/07/17 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。