X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

岩手宮城内陸地震から11年 子どもたちが訓練・見学/岩手・一関市

 2019年06月14日 19:00 更新

最大震度6強を観測した岩手宮城内陸地震の発生から14日で11年です。岩手と宮城の山あいに甚大な被害をもたらした、この地震を教訓にしようと、一関では身を守るための訓練が市内全域で行われました。
訓練に参加した一関市の厳美小学校です。このうち5年生30人は、地震が発生した2008年に生まれた子どもたち。はじめに自分の命を守るためにとる3つの安全行動、「まず(姿勢を)低く・頭を守り・動かない」を学びました。そして地震発生時刻、午前8時43分に合わせて実践です。子どもたちは一斉に机の下に潜り込み、机の脚をしっかり押さえると揺れが収まるのを待ちました。このあとは小学校から17キロ離れた場所にある、震災遺構の旧祭畤大橋を訪れ、被害の大きさを目の当たりにしました。子どもたちに当時の記憶はありませんが、今なお残る被害の爪痕から命を守る行動や日頃の備えの大切さを感じ取っていました。

明日のニュースエコー

県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/06/25 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。