X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

小惑星探査機にちなんだ「はやぶさランチ」/岩手・大船渡市

 2019年06月13日 18:54 更新

6月13日は小惑星探査機「はやぶさ」が8年前、地球に帰還した日です。これを記念して宇宙航空研究開発機構=JAXAの施設があった大船渡市で、保育園の子どもたちが「はやぶさ」にちなんだランチを味わいました。

このランチはJAXAの施設=三陸大気球観測所が大船渡にあった縁から市が6年前から続けています。

(紙芝居)
「5月のある日、たくさんの人々に見送られて『はやぶさ』は旅に出ました」

13日は立根保育園で、60億キロ、7年もの長旅の末に小惑星から世界初となる貴重なサンプルを持ち帰った探査機「はやぶさ」の活躍が、紙芝居で紹介されました。そのあと、おまちかねの「はやぶさランチ」です。

「いただきます」
「どうぞ召し上がれ」

宇宙人をかたどったウインナーや星の形をしたニンジンなどがのった「宇宙カレー」に、星の形の野菜が入った「星いっぱいスープ」。子どもたちは大喜びです。

「いっぱい大好き」
「おいしいです。(なにが一番?)うふふ」
「おいしいです。(なにが一番?)カレー」

「はやぶさランチ」には、長野県佐久市のレタスや鹿児島県肝付町の黒豚など、全国のJAXAの施設がある自治体の食材も使われています。子どもたちはおいしいランチを食べながら、エンジントラブルなどを乗り越えて無事地球に帰った「はやぶさ」の「あきらめない心」も学んでいました。

明日のニュースエコー

県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/06/25 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。