X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

黒字路線も運転手不足…盛岡の循環バス「でんでんむし」減便/岩手

 2019年05月16日 18:54 更新

 盛岡市内中心部を循環するバス路線「でんでんむし」が、16日から3割減便されました。多くの人が利用している黒字路線ですが、運転手不足が減便の理由です。

 盛岡中心市街地循環バス「でんでんむし」は、これまで右回り53本、左回り40本が運行されてきましたが、16日からは右回り、左回りとも32本の運行となり、3割減便となりました。これに伴い、これまで午前9時から午後7時だった運行時間も午後4時50分までに短縮される上、運行間隔もすべて15分間隔となります。減便について岩手県交通は、運転手の人員不足が要因と説明しています。
 2000年に本格運行が始まった「でんでんむし」は、盛岡駅を発着し、市内中心部を循環する1周5.7キロの路線です。1回100円で乗車できるため、市民の生活の足としてだけでなく、観光客の利用も多く、昨年度はおよそ130万人の利用があった黒字路線です。

 (利用者)「ちょくちょく病院に行くときに使います。困ります。(盛岡駅に)来ればすぐ便があったので助かっていました。今まで通りであってほしいと思います」

 岩手県交通は「乗務員の確保に努め、サービスの向上に努めたい」としています。

今日のニュースエコー

陸前高田に響く希望のトランペット▽スポーツI・新人騎手 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/05/20 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。