X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

姉妹都市交流PR 「市職員が着ているものは?」/岩手・八幡平市

 2019年05月15日 18:54 更新

 沖縄県名護市との姉妹都市交流を続ける八幡平市で市の職員が、15日から毎週水曜日に「あるもの」を着て業務にあたっています。その「あるもの」とは?

 (リポート)「八幡平市役所です。あっすごいすごいみなさん『かりゆし』を着ています。沖縄に来たみたいですね」

 八幡平市の職員が着ているのは沖縄ではおなじみのシャツ「かりゆし」です。15日が今年度の初日となった「かりゆしデー」は2012年に始まったもので市の職員が「かりゆし」を着て業務にあたります。八幡平市は合併前の旧松尾村が沖縄県名護市と姉妹都市交流を結んで以来交流を続けていて、「かりゆしデー」はその交流をPRする目的があります。

 「こちらに着いた瞬間に岩手山が目に入って自然に囲まれて畑もあったので自然に囲まれていいところだなと思いました」

 人事交流のため今年4月に名護市から八幡平市に派遣された神山知恵さんです。淡いピンクの生地に茶色と白の柄が映える可愛らしいデザインのかりゆしがお気に入りです。

 (神山さん)「衣装の色にも明るいとか軽いというイメージがあるので職場の雰囲気も明るくなるのかなと思います」

 こちらは昨年度まで名護市に派遣され観光振興の業務にあたった八幡平市総務課の伊藤真平さんです。名護市役所では普段からかりゆしを着て仕事をしていた伊藤さん、その魅力にとりつかれ、現地で購入した数は5着にのぼります。15日の1着は落ち着いた白を基調に派手になりすぎないワンポイントの柄があしらわれているのがポイントです。

 (伊藤真平さん)「南の方と北の方ということで気候も違うのですが、お互いのいいところを取り入れあって相乗効果で高め合っていければ」

 かりゆしデーは9月30日のクールビズ終了までの期間中、毎週水曜日に実施されています。

今日のニュースエコー

陸前高田に響く希望のトランペット▽スポーツI・新人騎手 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/05/20 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。