X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

交通事故再発防止へ 合同現場点検/岩手・盛岡市

 2019年05月09日 18:54 更新

先月、盛岡市の県道で自転車に乗っていた女性がはねられ死亡する事故がありました。発生したのはこれまでにも死亡事故が起きていた所で、9日、現場で対策が話し合われました。

(リポート)「市道と県道が交わるこの場所で、事故は起きました。きょうは市と県の職員、そして警察が合同で対策を協議しています」

これは「合同現場点検」と呼ばれ、重大な事故が起きたときには必ず行われます。

(警察の説明)「衝突したのがこのあたりじゃないかと。自転車が倒れるのは約10メートルくらい先になります。それぐらいの衝撃で跳ね飛ばされると」

今回の事故が起きたのは、先月10日の午前11時半すぎでした。

(リポート)「自転車はこの歩道を走ってきて、ここで車道に向かって右折しました。ここで軽乗用車にはねられました」

この事故で、自転車に乗っていた滝沢市の69歳の女性が亡くなりました。軽乗用車を運転していた72歳の女性は、自転車をはねるまでその存在に気付かなかったといいます。警察によりますと、この場所では過去10年で合わせて3件の死亡事故が起きています。いずれも横断者が車にはねられる事故でした。現場は横断歩道と横断歩道の中間地点にあり、「横断歩道まで行くのが面倒」と考える人が渡ってしまう可能性があります。9日は、ドライバーに「横断する人がいるかもしれない」と予測しながら運転してもらうため、路面を青や緑に色づけするなどの案などが出されました。

(盛岡西警察署・西村精一交通課長)「多くの情報が入ってくる、輻輳する交通状況の中で、危険を各々、時々察知するというのは難しいと思いますので、事前に速度を抑制するなり、周りに車がいるというその意識を持ってもらえるような施策というのを今後考えていきたい」

事故の再発防止へ、県と市は出た案を持ち帰り、検討することにしています。

今日のニュースエコー

陸前高田に響く希望のトランペット▽スポーツI・新人騎手 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/05/20 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。