X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

温泉地全体のつながり深めよう 新入社員が合同研修/岩手・盛岡市

 2019年04月12日 19:00 更新

温泉の新入社員が一堂に会しました。盛岡市のつなぎ温泉でこの春、旅館やホテルに勤務することになった新入社員が、一堂に会しての研修会が行われました。
研修会に参加したのは、盛岡市のつなぎ温泉周辺にあるホテルや旅館にこの春、入社したばかりの新入社員19人です。合同研修会はつなぎ温泉観光協会が、温泉地全体のつながりを深めようと初めて開きました。12日は座学のあと、つなぎ温泉の宿泊客が多く訪れる、盛岡手づくり村を見学。岩手名物の盛岡冷麺づくりにチャレンジです。参加した新入社員の半数近くは、県北部や沿岸部の出身で、中には盛岡冷麺を食べたことがないという人も。

(宮古出身の新入社員)
「おいしかったです。周りにはお店もないし、盛岡まで来ないと食べられないので、行く機会がなかったです」

新入社員たちは自分で作った冷麺の味を楽しみながら、温泉近くの観光施設について理解を深めていました。

(岩手町出身の新入社員)
「お客様に近くの情報を伝える、大切なことだと思うので、自分たちがまずは経験して、それを伝えられたらいいなと思います」

(つなぎ温泉観光協会・菊地義基宿泊部会長)
「当然、観光のお客様はつなぎに来て、盛岡に来て岩手のことを知りたくて来ていると。そうすると体験ってどうしても話したくなってくる。お客様に対して聞かれたこと以上に、『こういうことがありますよ』と、自分の言葉でしゃべることができるのではないかと。それが地元の観光地のアピールにもなりますし、旅館の社員の品質向上にもなると思っております」

新入社員は今後も互いの施設同士で交流を深めながら、切磋琢磨し合ってつなぎ温泉を盛り上げていきます。

今日のニュースエコー

小岩井グリーンシーズン始まる▽3年ぶりサケ稚魚放流 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/04/19 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。