X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

岩手大で卒業式 1000人余りが新たな一歩/岩手・盛岡市

 2019年03月22日 19:00 更新

岩手大学の卒業式が行われ、4つの学部合わせて1000人余りの学生が、新たな一歩を踏み出しました。
去年は改修工事のため、場所を変えて行った岩手大学の卒業式は、2年ぶりに例年通り県民会館を会場に行われました。大ホールに集まったのは袴やスーツに身を包んだ、4つの学部合わせて1000人余りの卒業生たちです。式では学部の代表にそれぞれ学位記が手渡されました。岩渕明学長は式辞の中で、「岩手大学の卒業生であるという、アイデンティティを持って頑張ってください」と激励。そして卒業生を代表して教育学部の安田奈央さんが答辞を述べました。

(安田さん)
「この4年間で悩み苦しんだこともありますが、その分、それらを乗り越えたうれしさや達成感も、幾度となく感じることができました。多くの仲間と出会い、岩手大学で学ぶことができ本当によかったと感じています」

式の後は友人や家族と写真をとったり、集まった在校生からの祝福を受けたりして、卒業の喜びをかみしめていました。

(卒業生)
「大学院に進学なのでここから、さらに磨きをかけて今後の就職に生かしたい」
「工作機械の研究をしているので、具体的にもっとその研究テーマに関して、進捗があるようになればいい」
「留学に1年間行ったんですけど、そこで語学力だけじゃなくて、自分の自己管理能力とか社会に対するマナーとかも、いろいろ学ぶことができました」
「関東の方でシステムエンジニアとして働くことになっているので、人々に役立つようなサービスを、自分で作り上げていくのが目標です」
「化学の知らなかったこと、有機とか無機とかいろんな分野を学べたことが、すごく広く知れてよかった」
「自分だけが持っているスキルを身に着ける社会人になりたい」
「寮長を経験した者のみが着られる赤い服なんです。かっこいいですね。岩手大学の大学院に進みます。今後は福島県が地元なので、福島県の復興関連をやっていきたいと思います」

卒業生たちは晴れ晴れとした表情で、学生生活を振り返るとともに、これから一歩を踏み出す新たな世界への期待に、胸を膨らませていました。

今日のニュースエコー

小岩井グリーンシーズン始まる▽3年ぶりサケ稚魚放流 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/04/19 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。