X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

国道107号・バイパス開通へ…復興支援道路のトンネルで防災訓練/岩手

 2019年03月12日 18:54 更新

県が復興支援道路と位置づけて整備を進める、国道107号の奥州市江刺梁川と北上市口内町の区間が今月28日に開通します。開通を前に12日、この区間にあるトンネルで交通事故を想定した対応訓練が行われました。

訓練は、県や警察、消防、市民らおよそ100人が参加して、トンネルの中で2台の車が正面衝突したという想定で行われました。

国道107号は大船渡市と秋田県由利本荘市を結ぶ道路で、東日本大震災発生時は緊急輸送道路として大きな役割を果たしました。このうち、奥州市江刺梁川と北上市口内町の区間は、急カーブや急勾配が連続し、交通事故が多発していたため、2016年から全長およそ2.5キロのバイパスの建設が進められ、今月28日に開通します。訓練が行われたのは、この区間にある全長1キロあまりのトンネルです。

12日は、初期消火や避難誘導など、事故が起きた場合に備えて様々な訓練が行われました。救助救出訓練では、消防が車両の窓ガラスを割り、開かなくなったドアをこじ開けて、人に見立てた人形を素早く運び出しました。

(奥州金ケ崎行政事務組合消防本部・阿部保之消防長)
「万が一事故に遭遇した場合、ただちに停車して安全な場所に避難し、落ち着いた通報を」

国道107号のバイパスは、先週全線開通した釜石自動車道の江刺田瀬ICに近く、沿岸と内陸のアクセス向上がさらに期待されます。

今日のニュースエコー

センバツに盛岡大附登場▽三鉄リアス線▽銃剣道ホープ ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/03/25 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。