X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

釜石の漁港に大量のイワシ押し寄せる/岩手

 2019年02月14日 18:54 更新

沿岸では海水温が極端に低い状態にあり、県水産技術センターが「異常冷水警報」を発令しています。そんな中、釜石市内の漁港には冷たい海水に追われたと見られる大量のイワシが押し寄せました。

午前10時ころ、釜石市の箱崎漁港。海面を埋め尽くしているのは大量のカタクチイワシやマイワシです。多くは死んでおり、地元の漁業者によりますと2、3日前から急に増えだしたということです。

(海を覗く市民)
「カタクチイワシだね。水温の関係で、死んでから波で寄せられて船曳き場など浅いところに上がる」

この大量のイワシについて、県水産技術センターでは「冷たい海水に追われて漁港内に入ってきたとみられる」としています。岩手県沿岸部には親潮からの冷たい海水が接近し、箱崎漁港が面する大槌湾では水深3メートルから5メートルの場所で海水温が前の年より6度から7度低い2度台になっています。この状態が続くと、これから収穫の最盛期を迎える養殖ワカメの生育に影響が出る恐れがあり、県水産技術センターでは「異常冷水警報」を発令して、管理に注意するよう呼びかけています。

月曜日のニュースエコー

錦木に化粧回しを贈呈▽震災テーマに朗読劇▽かまくら ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/02/18 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。