X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

東北に10年に一度入るか入らないかの寒気 低温に注意/岩手

 2019年02月08日 11:55 更新

岩手県内にはこれから10年に一度、入るか入らないかの、今シーズン最も強い寒気が流れ込む見込みで、路面の凍結や水道管の凍結などに十分注意が必要です。
日本気象協会によりますと、史上最強の寒気が入ると言われている、北海道ほどではないものの、上空には今シーズン一番の強い寒気が入ってきています。寒気のピークは今夜で、東北上空1500メートル付近で、マイナス18度以下と10年に一度、入るか入らないかの寒気が流れ込む見込みです。8日朝の県内は7日と一転、ほぼ平年並みの冷え込みとなり、盛岡の旧川目小学校そばに、地域の人たちにより再現された氷柱は、凍てつく寒さの中、映えていました。8日は内陸を中心に氷点下の真冬日予想です。そして9日から来週月曜日ごろにかけ、最低気温が氷点下10度以下になる所が多く、気象台は「低温に関する岩手県気象情報」を発表し、路面の凍結による交通への影響や水道管の凍結、体調管理に十分注意するよう呼びかけています。

月曜日のニュースエコー

錦木に化粧回しを贈呈▽震災テーマに朗読劇▽かまくら ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/02/18 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。