X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

児童・生徒の活躍たたえる「はばたき賞」に20人8団体/岩手

 2019年02月05日 18:54 更新

スポーツや文化、社会貢献などさまざまな分野で活躍した児童と生徒をたたえる、県教育委員会の「はばたき賞」の表彰式が5日、行われました。今回は20の個人と8つの団体が受賞し、さらなる活躍を誓っていました。

「はばたき賞」は、様々な分野で活躍した児童・生徒をたたえ、今後の励みにしてもらおうと県教委が年2回表彰しているものです。今回は小学生から高校生まで20人の個人と8つの団体が選ばれました。

5日、盛岡でおこなわれた表彰式では、去年11月のクライミングアジア選手権ボルダリングの部で優勝した盛岡中央高校1年の伊藤ふたば選手や、福井しあわせ元気国体カヌー競技スプリント少年女子カヤックペアの200mで優勝した不来方高校カヌー部女子などに表彰状とトロフィーが贈られました。

(不来方高校の2人)
「こんなに栄誉ある賞をいただけて、とてもうれしいです。行けるときは部活に顔を出して、後輩たちに自分たちが経験したことを少しでも伝えられたらいいなと思っています」
「2人とも競技からは引退ということになるのですが、それぞれの道で努力を積み重ねていけたらいいなと思いました」

(伊藤ふたばさん)
「自分が頑張ってきたことを表彰していただけるのは、すごくありがたいと思います。今年の世界選手権でオリンピックへの出場権が決まるので、オリンピックへ出場できるように頑張りたいなと思います」

34年目となる伝統の賞を受賞した児童生徒は、それぞれの次なる目標に向けて決意を新たにしました。

月曜日のニュースエコー

錦木に化粧回しを贈呈▽震災テーマに朗読劇▽かまくら ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/02/18 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。