X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

冬の夜空に「スカイランタン」/岩手・花巻市

 2019年02月05日 18:54 更新

灯りをつけた小さな熱気球を一斉に夜空に飛ばすイベントが、3日の夜、花巻市で開催されました。参加者が様々な願いを込めて飛ばした熱気球が、冬の夜空を幻想的に彩りました。

「3・2・1、わー!」

一斉に夜空に放たれた小型の熱気球。闇に浮かんだ幻想的な光景に、参加者から歓声があがりました。花巻市の鉛温泉スキー場で3日夜行われたイベントです。

その30分ほど前、小型の熱気球「スカイランタン」を手にした人たちが、バスから降りてきました。「はなまき星めぐりの夜」と名づけられたこの催しは、花巻温泉郷の施設を中心につくる「鉛温泉スキー場活性化協議会」が開き、今年が2年目。今年は国内外の観光客200人以上が参加しました。

(鉛温泉スキー場活性化協議会事務局・佐々木久友さん)
「市内の活性化を図りたいということから始めました。(スカイランタンは)灯籠というか、紙でできた90センチくらいの大きさ。それに火を付けて空にあげます」

「スカイランタン」は「天灯」とも呼ばれます。タイや台湾などでは通信手段や祈祷に使われ、夜空に放つ祭りも有名です。花巻でのイベントは花巻温泉郷の宿泊客が対象で、事前に参加者はそれぞれが泊まっている施設でスカイランタンに願い事を書いておきます。

(参加者)
「スカイランタンは、タイで有名な祭りがあって興味がありました。花巻でスカイランタンをやっていると聞いてぜひ参加したいと」
「健康で2人楽しく過ごせたらと思って願いを書きました」

(鹿踊)

参加者がスキー場に移動し、午後6時、地元の鹿踊団体の演舞でイベントが始まりました。参加者はスカイランタンを広げ、中の燃料に火を付けて、浮き上がらせます。準備完了です。

「3・2・1わー!」

参加者の願いが込められたスカイランタンが一斉に放たれました。

(参加者)
「すごくきれいだった。来てよかった。願い叶うといいなと思いながら…」
「きょう誕生日なので、連れて来てくれてよかった。きれいに飛んで行ってくれたのでよかった」

この日は風もない絶好のコンディションで、参加した人たちはまっすぐと空に上るランタンに見入りながら、願いを込めた光景を心に刻んでいました。

スカイランタンの打ちあげができるのは、花巻温泉郷の宿泊者限定です。宿泊の空き状況など、イベントについては花巻観光協会に問い合わせてください。また、見学は自由ですが、スキー場の駐車場が限られているため、来場の際は公共交通機関をご利用ください。ランタンの燃えかすは、基本はスタッフが回収もします。木などにひっかかり残っても、ランタン自体の素材は自然にかえる素材を使っているということです。

月曜日のニュースエコー

錦木に化粧回しを贈呈▽震災テーマに朗読劇▽かまくら ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/02/18 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。