X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

“国家予算”中学生が編成に挑戦/岩手・盛岡市

 2019年01月22日 18:54 更新

盛岡の中学生が財務大臣になりきって国の予算編成を模擬体験しました。今年10月には消費税の増税が予定される中、「財政」に親しんでもらおうという特別授業です。

この授業は、国や自治体の財政を身近に感じてもらおうと財務省盛岡財務事務所が去年からおこなっているもので、22日は岩手大学附属中学校の3年生159人が参加しました。一人一人が財務大臣になったつもりで今年度予算を参考にオリジナルの国家予算を作っていきます。

「いちばん大事だと思うのは?」
「借金の返済!借金返済一番重要じゃない?」

こちらの班は少子高齢化社会のなか、高齢者と子供に配分する予算のバランスについて議論を交わしました。

「年金を減らせば歳入も増えて子供たちにまわせるのでは」

社会保障費や防衛費の「歳出」を増やせば今度は「歳入」が足りなくなります。こちらの班はたばこ税を増税して歳入を増やすことにしました。

「たばこ税が増えることによってタバコを買う人が少なくなって病院に行く人も少なくなって医療費も少なくて済むと思います」

(生徒)
「税を取られるというのは自分の手元(のお金)がなくなるので悲しいですが、持ちつ持たれつの部分もあるので、税を納めることをしないとは簡単には言えない」
「もう少し税収を上げることに積極的な人(政治家)が出てきてもいいのではないかなと思う」

数十兆円におよぶ国の予算編成に挑戦した生徒達は、「財政」と自分たちの生活が密接にかかわっていることを実感していました。

月曜日のニュースエコー

錦木に化粧回しを贈呈▽震災テーマに朗読劇▽かまくら ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/02/18 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。