X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

気仙小が落成 全公立学校の再建終了/岩手・陸前高田市

 2019年01月18日 18:50 更新

東日本大震災による津波で校舎が全壊した、岩手県陸前高田市の気仙小学校の新校舎が完成し18日、落成式が行われました。震災で被災した県内の、公立学校の修復や再建は全て終了です。
気仙小学校の新校舎は、山を切り崩して造成された、海を見下ろす高台に造られました。18日の3学期スタートとともに、新校舎での学校生活も始まり、真新しい教室に子どもたちの笑顔が広がりました。

(児童)
「すごく学校がきれいでビックリしました」

(新しい学校でなに頑張りたいですか)
「勉強です」

宿場町として栄えた、歴史あるまち並みの一角にあった気仙小学校は、校舎の3階の高さまで津波に襲われ全壊しました。同じ町内の高台にある、長部小学校の校舎を間借りして授業を続け、長部小学校と統合した後も、そこで学校生活を送ってきました。新しい校舎は気仙杉など地元の木材をふんだんに使った、木造2階建ての普通教室棟のほか、体育館やホールなど6つの建物からなります。校名が記された看板の除幕式では、全校児童55人から歓声と拍手がわきました。

(児童)
「(新しい校舎は)全体的に木の匂いがして、なんか森の、自然の中にいる感じがしました」

続いて行われた落成式で子どもたちは、校舎新築に関わった多くの人や、地域の支えに感謝を込めて合唱を披露しました。県教育委員会によりますと、東日本大震災で校舎が被害を受けた県内の公立学校は401校、。ち沿岸市町村は86校あります。気仙小学校の再建で、県内の公立学校の修復や再建は全て終わりました。

月曜日のニュースエコー

錦木に化粧回しを贈呈▽震災テーマに朗読劇▽かまくら ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/02/18 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。