X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

子どもたちが小正月行事を体験/岩手・盛岡市

 2019年01月14日 18:50 更新

子どもたちが小正月行事を体験です。15日の小正月を前に、岩手県盛岡市で子どもたちが、五穀豊穣の願いを込めた、伝統の「おかざり」作りに挑戦する、「小正月のつどい」が開かれました。
「小正月のつどい」が開かれたのは、盛岡市中太田の太田民俗資料館です。こちらでは地域の大人たちが20年以上前から、太田地区に伝わる小正月行事を毎年、子どもたちに引き継いでいて、14日は地域の子どもたち110人余りが参加しました。杵と臼を使って自分たちでついた、出来たての餅で作るのは伝統の「おかざり」です。ワラや木の枝に餅をつけて、「五穀豊穣」を願う「はせがけ」や、「水木だんご」など「おかざり」には、1年を無事に過ごす願いが込められています。子どもたちは大人からその意味を学びながらていねいに飾り付け、高さ2メートル余りの水木の枝には、色とりどりの餅の花が咲きました。

(参加児童)
「この木(ミズキ)に餅をつけるのが一番楽しかったです」
「皆が幸せに暮らせるように平和な町になりますようにと、心で思いながらつけました」
「何回かやったことがあったけど楽しかったです」
「いい体験になったなと思います」

このほか「庭田植え」など、小正月の伝統行事を体験した子どもたちは、地域の歴史に理解を深めていました。

今日のニュースエコー

岩洞湖氷上ワカサギ釣り▽春待つ球児▽奇祭・水しぎ ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/01/24 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。