X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

住宅2棟全焼 火元の家の1階居間から出火か/岩手・宮古市

 2019年01月09日 18:54 更新

8日夜に宮古市で住宅2棟を全焼した火事は、火元となった家の、ストーブを置いていた1階の居間から出火したとみられることがわかりました。沿岸では乾燥注意報が2週間あまりにわたり継続中で、今後も火の取り扱いに注意が必要です。

暗闇に赤く立ち上る炎と大量の白い煙。8日午後6時ごろ、宮古市蟇目で発生した火災です。無職・佐々木義時さんの住宅から出た火は、またたく間に隣の住宅へと燃え広がりました。火はおよそ3時間後に消し止められましたが、佐々木さんの2階建ての住宅1棟と、隣の平屋建ての住宅1棟の合わせて2棟が全焼。またその隣の空き家の壁が焼けました。けが人はいませんでしたが、突然の火災に辺りは一時、騒然としました。

(住民)
「隣のお父さん(佐々木さん)が『火事だ』と来たので、『どこが?』と聞いたら、『家が燃えている』と言われて。びっくりして外に出たら、もう火柱が上がっていた。(自分の家が燃えていると?)おじいさんが教えに来た。それからじきに隣の家まで(火が)移ってしまった」
「あの辺に知り合いがいるので見に来たんです。心配で…」

(グループホームの職員)
「避難させるから!」「はい!」

また、この火事で近くのグループホームでは入居者9人を別のグループホームに避難させました。

警察によりますと佐々木さんはひとり暮らしで、「ストーブから火が出た」と話しているということです。また、警察と消防による9日の実況見分で、佐々木さんの住宅1階の、ストーブが置かれていた居間から出火したとみられることがわかりました。

8日夜、沿岸には乾燥注意報が出されていて、今も継続中です。沿岸の乾燥注意報は先月24日から9日まで17日連続で、盛岡地方気象台は「空気の乾燥は少なくともあと1週間程度は続く見込みで、火の取り扱いには十分注意してほしい」と呼びかけています。

今日のニュースエコー

岩洞湖氷上ワカサギ釣り▽春待つ球児▽奇祭・水しぎ ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/01/24 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。