X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

ILCへの理解深める 県内の企業参入に向けて研究会/岩手

 2018年12月06日 18:54 更新

ILC=国際リニアコライダーへの理解を深め、県内企業の参入につなげていこうと盛岡で実際の装置を使った研究会が行われました。

研究会は、盛岡市北飯岡の県先端科学技術研究センター内にある「ILCオープンラボ」で行われました。この研究会は、ILCへの参入を検討する県内企業に理解を深めてもらおうと開かれたもので、6日は中小企業の製造業、運輸業など様々な分野から8人が参加しました。

はじめに茨城県つくば市にある高エネルギー加速器研究機構の荒木栄技師がILCで使用する測量機器の使い方やしくみを説明しました。

(リポート)
「こちらはILCの心臓部となる加速器の一部です。展示されているのはおよそ6メートルですが、実際には2000本ほど連結して使います。その連結が真っ直ぐかを確かめるのがこのレーザートラッカーです」

このレーザートラッカーはレーザー光線によって対象物の位置を正確に測定できます。例えば100メートル離れた場合の誤差は0.7ミリメートルです。参加者たちは説明を受けたあと、ILCで使用する機器を間近で見たり、実際に手に取ったりしながら最新機器のしくみや使い方を学んでいました。

(参加者)
「非常に精密っていいますかデリケートなものだようなと見て驚きました。(企業として)どういったものができるのかこれから検討していきたいなと思ってます」

(いわて産業振興センター・今健一さん)
「岩手の地元の中小企業さんが加速器、ILCに参入していただければ。せっかく地元でこういう大きなプロジェクトがあるので、地元の企業さんにとにかくお仕事を見つけていただいてはいっていただくという目的です」

研究会を開催したいわて産業振興センターは、今後もこうしたイベントを開催し、ILC誘致への機運を盛り上げていきたいとしています。

明日のニュースエコー

凱旋!小林陵侑選手に聞く▽僧侶Bar・ゲストは牧師 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/12/19 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。