X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

菊池雄星投手 母校に凱旋!/岩手・盛岡市

 2018年12月05日 18:54 更新

来シーズンからのメジャーリーグへの移籍を目指す埼玉西武ライオンズの菊池雄星投手、母校に凱旋です。「野球の原点」だと言う母校の後輩たちとの交流は、菊池投手にとってアメリカ行きへの決意を新たにする機会となりました。

中学時代をすごした盛岡市立見前中学校で、2年ぶりに講演を行った菊池雄星投手。全校生徒520人を前に熱く語りました。この中で菊池投手は中学1年生の時、周囲に「プロ野球選手になる」と宣言した事で志を高く持つようになったと明かしました。

「誰よりも目標設定を細かくした。練習を一番やったという自信があるので、才能以上に習慣がものを言う」

また、質疑応答ではこんなやりとりも。

(生徒)「メジャーに挑戦するじゃないですか、一番自分が興味があるチームはどこですか?」
(雄星投手)「ハハッ、最後に一番すごい質問が来ました、油断してました完全に。(高校からの)12年間目指していたメジャーリーグに挑戦できるので今は、挑戦できるというだけで、どこのチームとかは特にないですけど挑戦できる喜びを感じながら生活しています」

そして、一番の盛り上がりは”雄星先生”の野球教室!バッティング練習にキャッチボールにと大サービスでした。

(ボールを受けた生徒)
「先輩の球を受けられるのは本当に光栄で。プロの選手は全然違う、球の質とかキレとか球の重さも全然違いましたし、こういう世界でやってみたいなと強く思いました」

(菊池雄星投手)
「原点ですし、いつ来ても中学校時代に戻りたいなと思わせてくる場所です。後輩たちにいろんな思いを伝えたいと来ましたけど逆にこちらがパワーを頂いて、後輩たちに応援してもらっているなと感じました」

オフシーズンのひと時を故郷で過ごす菊池投手、メジャーへの行方が気になる中母校で、また一つ特別な思い出ができたようです。

明日のニュースエコー

凱旋!小林陵侑選手に聞く▽僧侶Bar・ゲストは牧師 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/12/19 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。