X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

サケ豊漁願い「又兵衛祭り」/岩手・宮古市

 2018年11月30日 18:50 更新

サケの豊漁を願って行われる、岩手県宮古市の奇祭です。川ザケ漁が行われている津軽石川で、豊漁を願う行事、「又兵衛祭り」が行われました。
「又兵衛祭り」の又兵衛とは、後藤又兵衛という武士のことで藩政時代、飢きんに苦しむ民衆のために、藩の掟に背き川止めを破ってサケを遡上させ、多くの人を救ったという言い伝えがあります。30日は関係者およそ50人が集まって、オスとメスのサケが祀られた祭壇に向かい、今後の豊漁を祈願しました。津軽石川のサケ漁は、9月から始まっていますが、これまでは記録的不漁だった去年を、8パーセントほど上回る漁獲にとどまっています。去年はこの又兵衛祭りの翌日から、漁獲が大幅にアップしたということで、関係者は期待を寄せていました。

(津軽石鮭繁殖保護組合・山野目輝雄組合長)
「この津軽石川は昔から、本州一サケの上る川。この津軽石川のサケが、多く遡上するということは、地域にとってもうれしいことであり、これからも大きなサケを、どんどん遡上が多くなるように、我々も期待している」

又兵衛は川止めを破った罪で、逆さはりつけの刑になったとされ、川べりには又兵衛に感謝し、わら人形が立てられました。なお宮古の冬の風物詩、サケ直売所は例年、12月上旬にオープンしていますが今年は未定で、今後の状況を見て判断します。また宮古市の鮭まつりは、来月23日に行われる予定です。

明日のニュースエコー

凱旋!小林陵侑選手に聞く▽僧侶Bar・ゲストは牧師 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/12/19 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。