X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

児童が出前教室で「税金」学ぶ/岩手・盛岡市

 2018年11月30日 18:50 更新

税金の大切さを学んでもらおうと、岩手県盛岡市の小学校で30日、出前教室が開かれ、税金の役割やお金の重さを、子どもたちがわかりやすく学びました。
税金の出前教室は盛岡の女性経営者でつくる、盛岡法人会女性部会が2006年から行っているもので、30日は盛岡市立上田小学校の6年生68人が、税金の大切さを学びました。出前教室では最初に主人公が、税金のない世界に迷い込むというストーリーの、アニメーションが上映されました。税金がない世界では、火事を消す費用が自己負担となり、ゴミの回収も行われません。子どもたちは税金がなくなることで、当たり前と思っていた暮らしが、不便になることを実感しました。税金に関するクイズも出題され、市役所や消防署など、身近にある施設の多くが、税金によって運営されいることも学びました。

(児童)
「消費税のことしか知らなかったけど、学校にも税金が使われていると知った。税金について考えながら買い物をしたい」

「縁の下の力持ちみたいに、社会を助けているとても大切なものだと思いました。しっかり払っていきたい」

(盛岡法人会女性部会・守屋史子会長)
「税金が社会のために役立っているということと、納税がどんなに大切であるかということを、この授業をきっかけに理解してもらいたい」

出前教室の最後に、は重さがおよそ10キロある、1億円のレプリカも登場しました。両手で大事そうに抱えた児童たちは、お金の重みと大切さを実感していました。

明日のニュースエコー

凱旋!小林陵侑選手に聞く▽僧侶Bar・ゲストは牧師 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/12/19 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。