X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

保育園で実演 サケはどうやって切り身に?/岩手・北上市

 2018年11月08日 18:50 更新

岩手県北上市の保育園で8日、サケにちなんだ催しが行われました。サケをさばく実演を通して、切り身になるまでを学びました。
実演が行われたのは、北上市のおにやなぎ保育園で、0歳から5歳までの園児105人が参加しました。こちらの保育園では食育の一環として、「鮭の日」にあわせて魚をさばく実演を、3年前からこの時期に行っています。さばかれたのは7日、宮古市で水揚されたばかりの銀ザケで、花巻市の食品会社、ヤマヨおばらの小原秀一社長が、説明を加えながら実演しました。園児たちは目の前でさばかれていく、大きなサケに興味津々で、切り身が出来上がると、まわりに集まって見入っていました。

(小原社長)
「子どもたちはスーパーや魚屋でも、切り身の状態しか見ることがない。2枚おろし、3枚おろしして切り身になる。あの大きな魚が、こういう風にできあがってくるんだというのを、わかってもらえてよかったと思います」

実演の後、サケはさっそく「ちゃんちゃん焼き」にして、昼食でふるまわれました。

(園児)
「おいしかった」

「おいしい」

子どもたちは楽しく学びながら、岩手で水揚げされた新鮮なサケを味わっていました。

月曜日のニュースエコー

銀河のしずくコンテスト▽産直うみのミルク▽日報駅伝 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/11/19 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。