X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

八幡平アスピーテラインが冬ごもり 直前の様子は/岩手・八幡平市

 2018年11月05日 18:50 更新

岩手県内の山岳道路は、冬ごもりの季節を迎えました。このうち岩手と秋田をつなぐドライブルート、八幡平アスピーテラインの、冬ごもり直前の様子を取材しました。
午前9時ごろ、八幡平アスピーテラインの岩手側入り口には、冬期通行止めの看板が設置されました。山頂に近づくと道路脇には雪が現れ、葉の落ちた木が一足早い冬の訪れを感じさせます。

(リポート)
「山頂付近のレストハウスには、すでにこのように雪が積もっています。今年最後ということもあり、景色を楽しみに来た観光客の姿もあります」

午前10時過ぎの山頂付近の気温は6度。5日は天気にも恵まれ、訪れた人たちは6日からはしばらく見られない、美しい景色を満喫していました。

(横浜からの観光客)
「こんなにきれいだとは思わなかったですね。以前、安比まで来たことはあるんですけども、八幡平はまだ初めてだったんでよかったです」

(青森からの観光客)
「雪、積もってるんでびっくりしました。今まで見た中で一番、いい景色かなって思ってます」

レストハウスも5日が年内最後の営業です。

(八幡平山頂レストハウスの従業員)
「きょうはみえたお客さんには、たっぷりとサービスをさせて頂いて、あとは後片付けですよね。それをうまくやっていければなと思ってました」

八幡平アスピーテラインは5日午後5時から通行止め。樹海ラインは積雪のため、先月30日からすでに通行止めとなっていて、来年4月まで長い冬ごもりに入りました。

月曜日のニュースエコー

銀河のしずくコンテスト▽産直うみのミルク▽日報駅伝 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/11/19 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。