X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

ひと足早くハロウイーンイベント/岩手・紫波町

 2018年10月12日 18:50 更新

今月31日のハロウイーンを前に、岩手県紫波町で子どもたちがパレードし、お菓子をもらって回りました。家族手づくりの可愛らしい仮装で、季節の行事を楽しみました。
紫波町のオガールに集まったのは、おばけや人気キャラクターなど、可愛らしい仮装をした子どもたちです。このイベントは紫波町子育て支援センター、しわっせが企画しているもので今年で4回目です。12日は施設を利用する1歳から3歳の子どもと、その家族28組が参加しました。

(リポート)
「可愛らしい姿の子どもたちは各お店を回り、お菓子やシールをもらいます」

参加した家族はオガールの中にある産直や文房具店など、6つの施設をまわり、お菓子をもらっていきます。仮装した子どもたちの姿に、店の人たちの顔も自然と笑顔になっていました。そして紫波町役場に向かうと、そこで待っていたのは、魔法使いに扮した熊谷泉町長です。ここでも子どもたちにはお菓子が手渡されました。

(参加者)
「サルに2人で変身しようと思いましたが、かぶり物をかぶってくれなかったので、とりあえずハロウイーンっぽくするために頭に、乗せてみました。知ってるお母さんたちや先生方と、すごく楽しいイベントに、いっしょにいられることがうれしいです」

「発泡スチロールのカップを土台にして、張り子をしてつなげて作っています。今までお話ししたことのないお友だちや、お母さんとも話すことができて、交流が深まっていいなと思います」

全ての施設を回ってシールを集めた子どもには、しわっせから手づくりのブローチが贈られました。12日はしわっせのスタッフも、紫波町自慢のフルーツに仮装してイベントを盛り上げました。

(紫波町子育て支援センターしわっせ・須川範一所長)
「子育て世代の親子の交流を念頭において開催しました。(イベントに参加することで)話しが弾んで仲良くなればいいと思います」

しわっせは今後も地域と協力して、子育て世代の親子が楽しめるイベントを企画することにしています。

明日のニュースエコー

災害時の給油訓練▽ラグビーW杯メディア視察▽羅針盤 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/10/17 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。