X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

被災地のコミュニティ支援へ研修会/岩手・釜石市

 2018年10月12日 18:50 更新

仮設住宅から災害公営住宅へ。震災被災地では、住まいの再建に向けたステージが変わりつつあります。岩手県釜石市では12日、地域のコミュニティや住民同士の支え合いについて学ぶ研修会が行われました。
県が行った研修会には、被災者の支援に関わる相談員など、41人が参加しました。12日は高齢化が進む横浜市内の集合団地で、住民を支えるサロン活動や、見守り支援活動を行っているNPOの専務理事、有友フユミさんが講師を務めました。有友さんは地域でのコミュニティづくりや、住民同士での支え合いは、「助け合い」と「楽しくやること」だと話しました。

(参加者)
「見守りっていうお話をいただいたんですけど、頻繁に関わりを持つことではなくて、遠くから様子を見てあげたりとか、一歩引いて距離を取りながら見守るってことが、大事なんだなと学びました」

「自分自身が楽しまなくてはダメだっていうところで、もう少し住民さんに対してもそうですけど、自分たちも楽しめるようにしていきたいなと思います」

県内では内陸部を含めて、5380戸の災害公営住宅の整備が予定されていて、8月末現在で93.7%が完成しています。住まいの再建が進む中、住民のつながりをどう作り支援していくのか、参加者たちは真剣に聞き入っていました。

明日のニュースエコー

災害時の給油訓練▽ラグビーW杯メディア視察▽羅針盤 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/10/17 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。