X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

大谷選手 「ふるさと応援団」設立/岩手・奥州市

 2018年08月10日 18:50 更新

世界に羽ばたいた二刀流をふるさとから応援します。エンゼルスの大谷翔平選手を、ふるさと岩手県奥州市の市民、団体が連携して応援しようという、「応援団」が設立されました。
10日は奥州市や奥州商工会議所など、10の団体が参加して応援団の設立総会が開かれました。名称は「大谷翔平選手ふるさと応援団」で、小沢昌記市長が会長に選ばれました。今年度は協力する企業、団体を募集し横断幕やポスターで、大谷選手をふるさとから応援します。ポスターには京都・清水寺の森清範貫主がしたためた、二刀流の活躍を願う「投打猛進」という文字が書かれています。そのほか大谷選手の背番号17にちなみ、毎月17日に市の生涯学習スポーツ課を中心に、応援Tシャツを着て職務にあたる「応援デー」を、市役所全体と市議会の取り組みにすることが決まりました。昼過ぎにはさっそく水沢江刺駅に、市の職員が応援ポスターを貼りました。

(小沢昌記市長)
「奥州市が出身地であるのはもとより広く岩手、東北、日本が大谷選手を応援する一つの発信地になれれば」

今後はシーズンオフに大谷選手のグッズ展示会や、関係者によるトークショーなども開催される予定です。

月曜日のニュースエコー

始業式のピーク▽復興スタジアム ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/08/20 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。