X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

夏の高校野球 一関学院が初戦/岩手

 2018年07月09日 19:14 更新

 土曜日、日曜日と雨で全試合が順延となっていた夏の高校野球、9日は3つの球場で2回戦9試合が行われました。8年ぶりの甲子園出場を狙うシード校・一関学院が登場したほか、創部2年目の盛岡誠桜が嬉しい初勝利です。
 県営球場の第一試合は春ベスト8の一関学院が平舘との初戦に臨みました。初回、センター前ヒットと盗塁で1アウト2塁とした一関学院。迎えるバッターは4番・滝田丞。平舘の2年生エース高橋凌平の3球目。甘く入ったカーブをとらえ、ライトスタンドへ。大会第1号の2ランホームランで2対0と先制します。投げてはエース・滝田を温存すると、先発に3年生左腕の新沼哲平を起用。立ち上がりこそ、ヒットを許したものの3回を1安打、3奪三振と締めました。一関学院は2回にも3点を加え、5対0とリードして迎えた3回。先頭バッター、4番の滝田が初球を振り抜き、センターへの2ベースヒット!すると、6番・鈴木辰のセンター前ヒットで1点を追加。5回には、打線の中軸・5番の吉田凌。左中間へ2ベースを放つなど、攻撃の手を緩めません。3人で継投した一関学院は7回コールド9対0で平舘を破り3回戦進出です。
 一方、花巻球場では創部2年目の盛岡誠桜が公式戦6戦目で初勝利を収めました。山縣優雅主将は「素直に1勝出来てうれしい。誠桜高校の歴史に残る日になると思う」、赤坂春之介監督は「あまり実感はないんですけど校歌を聞いた時には感極まりました」と話していました。
 この他の結果です。県営球場の第2試合、山田と宮古水産の連合チームは高田に2対0で敗れました。花巻球場は一関工業と千厩が3回戦進出です。森山球場の釜石は水沢商業に4対2で逆転勝ち、岩谷堂も3回戦進出です。
 10日も2回戦9試合が予定されています。県営球場の第1試合は第1シードの花巻東対一関一高。第3試合は、大船渡対第4シードの盛岡三高で、今大会屈指の剛腕対決が見どころです。花巻球場は伊保内対一関高専など3試合、森山球場では大野と種市の洋野連合が不来方との初戦に挑みます。

今日のニュースエコー

陸前高田で海開き▽定置網体験▽土用丑の日天然ウナギ ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/07/20 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。