X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

「夢」求め行列 特設売り場も/岩手

 2018年07月09日 19:10 更新

 今年のサマージャンボ宝くじが9日発売され、県内でも夢を求める多くの宝くじファンがさっそく売り場を訪れています。今年は20か所に特設売り場も設けられました。
 盛岡市の宝くじ神社チャンスセンター大通本店では発売を前に神事が行われくじを買い求める人や店員が高額当選を祈りました。今年のサマージャンボ宝くじは1等前後賞合わせて最大7億円のものと、1等が7000万円の「ミニ」の2種類が販売されています。店には午前10時の販売開始とともに多くの人の列ができ、高額当選を夢見て次々とくじを買い求めていました。
 (買い求めた人)「(当たったら何か買いたいものはありますか?)別段予定は無いんですけど、夢だよね、本当にね。(まさに夢を買ったような感じ?)うん」
 サマージャンボ宝くじは来月3日まで販売され、14日に抽選が行われます。

 一方、サマージャンボ宝くじの収益金は市町村振興に使われることから今年は県内20カ所で特設売り場が設置されています。このうち奥州市では、今年から特設売り場を4か所オープンしました。奥州市役所での記念セレモニーで小沢昌記市長は「それぞれの夢を買っていただいた上で地域の発展につながる交付金がより多く配布される事を期待します」と挨拶しました。奥州市のサマージャンボ宝くじ特設売り場は市役所のほか、みずさわ観光物産センターえさし藤原の郷、国民宿舎サンホテル衣川荘で来月3日まで設置されています。

今日のニュースエコー

陸前高田で海開き▽定置網体験▽土用丑の日天然ウナギ ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/07/20 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。