X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

強制不妊手術 県内でも362件/岩手

 2018年06月08日 18:50 更新

旧優生保護法に基づき、障害のある人などに対して、本人の同意なしに不妊手術が行われた問題で岩手県は8日、県内で362件の強制不妊手術が行われたと発表しました。
県は厚生労働省からの依頼で、保健所や広域振興局など、22の機関を対象に調査を行ってきました。その結果、県の「衛生年報」に県内で強制不妊手術が行われたという記載が、362件確認されたということです。記載が確認されたのは、1950年から1962年までの13年間で、名前や性別、障害の種類や程度など、個人が特定できる情報はありませんでした。県は今月下旬からさらに、県内の病院や障害者支援施設、1000か所余りを調査する方針です。

今日のニュースエコー

サッカーW杯日本戦被災地で交流▽羅針盤宮蘭フェリー ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/06/20 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。