IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

知事も参加しブランド米の田植え/岩手

 2018年05月17日 18:50 更新

岩手県のコメどころ、内陸でブランド米の田植えです。奥州では「金色の風」、北上では「銀河のしずく」の田植えが17日、行われました。
奥州市江刺にある「金色の風」の田んぼでは、達増知事が田植えをしました。県の最高級オリジナル品種として、去年デビューした金色の風。今年は県南部を中心に240ヘクタール作付けされ、およそ1200トンの収穫を予定しています。田植え機を操作し無事、作業を終えた知事も品質の向上と、豊作へと決意を新たにしていました。

(達増知事)
「より質の高い金色の風を作ろうと、(農家は)意欲に燃えている。たいへん心強い」

一方、北上市稲瀬町にある「銀河のしずく」の田んぼでは、北上市の髙橋市長やJAの担当者らが集まり、田植えをしました。

(高橋市長)
「(銀河のしずくは)すっきりした甘さ。いっしょに食べる山海の味を生かしてくれる。どんどん多くの皆様においしく食べていただきたい」

「銀河のしずく」は今年、県全体でおよそ1000ヘクタール作付され、7500トンの収穫を予定しています。

明日のニュースエコー

津波被災の郵便局再開▽ビッグブルズ入れ替え戦の詳報 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/05/28 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。