IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

奥州市出身・エンゼルス大谷 圧巻の「奪三振SHO」!

 2018年05月14日 17:38 更新

 二刀流は、日本時間14日はピッチャーで圧巻の「奪三振SHO」でした。奥州市出身、エンゼルスの大谷翔平選手は本拠地でツインズ戦に先発し、7回途中1失点、11奪三振の好投を見せました。
 本拠地アナハイムで行われたツインズ戦に登板した大谷。現地時間では「母の日」ということもあり、ピンクリボン運動の一環として大谷もピンク色の帽子をかぶって試合に臨みました。
 大谷は初回、先頭のドジャーに内野安打を打たれ出塁を許しますが、後続を三振と2つの内野ゴロに抑え、落ち着いて打ち取ります。そして圧巻は2回1アウトからでした。グロスマン、ペティト、ウィルソン、ドジャー、ケプラーと、5者連続三振!0対0の緊迫した試合展開の中、大谷は5回まで無失点、10個の三振を奪う圧巻のピッチングを見せます。
 6回に味方がようやく先制し、7回にもマウンドに上がった大谷。しかし、1アウトからフォアボールを与えたところで球数100球を越えたため降板しました。スタンドのファンはスタンディングオベーションで大谷の好投を称えます。
 続くピッチャーが打たれて大谷に勝ち星はつきませんでしたが、メジャー自己最多となる103球を投げて、7回途中3安打1失点、11個の三振を奪う快投を披露しました。試合はエンゼルスが9回サヨナラで勝ちました。

明日のニュースエコー

津波被災の郵便局再開▽ビッグブルズ入れ替え戦の詳報 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/05/28 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。