IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

園児がヤマメの稚魚放流/岩手・盛岡市

 2018年05月14日 16:55 更新

 盛岡の清流・中津川の環境を守っていこうと、14日、幼稚園児がヤマメの稚魚を放流しました。
 盛岡の中心部を流れる中津川の河川敷に集まったのは、近くにある桜幼稚園の5歳児23人です。この稚魚の放流は、子どもたちに故郷の川に親しんでもらおうと盛岡市が県釣り団体協議会の協力で毎年行っているもので、今年で43回目を数えました。今年は市内7か所であわせておよそ8500匹が用意され、園児たちが「早く大きくなってね」と優しく声をかけながら川に放しました。
 (園児)「元気で帰ってきてね」
 ヤマメの稚魚は3年で体長が20㎝ほどになるということです。園児たちは稚魚の成長を願うとともに川の環境を守る大切さを感じ取っていました。

明日のニュースエコー

津波被災の郵便局再開▽ビッグブルズ入れ替え戦の詳報 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/05/28 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。