IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

母親の遺体を自宅に放置 長女を起訴/岩手・盛岡市

 2018年05月10日 18:50 更新

先月、岩手県盛岡市の民家で、80代の女性の遺体が見つかった事件で、盛岡地方検察庁は10日、女性の遺体を自宅に放置していたとして、居する50歳の長女を起訴しました。
死体遺棄の罪で起訴されたのは、盛岡市上太田の無職、畠山久美子容疑者50歳です。起訴状によりますと畠山被告は、去年11月30日ごろ、同居していた母親のテツさん当時81歳が、死亡してることに気づいていながら、遺体を今年4月18日までの間、自宅に放置したとされています。司法解剖の結果、目立った外傷や薬物の反応が出なかったことから、警察はテツさんが病死したと見て捜査を進めていました。警察の調べに対して畠山被告は、遺体を放置したことを認めていました。

明日のニュースエコー

津波被災の郵便局再開▽ビッグブルズ入れ替え戦の詳報 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/05/28 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。