IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

名物「花見かき」初水揚げ/岩手・宮古市

 2018年04月10日 19:40 更新

 すっきりとした青空が広がった10日の岩手県内。三陸・宮古にも春の便りが届きました。この時期に合わせて選りすぐりの大型のカキだけを出荷する「花見かき」の初水揚げが10日朝行われました。
 宮古市赤前地区の宮古湾にあるカキの養殖場。クレーンで引き上げられたのは宮古名物「花見かき」です。花見かきとは殻の大きさがタテ13センチ、ヨコ6センチ厚さ3センチ以上のマガキだけを選別してブランド化したもので、1番おいしいと言うサクラが咲く時期に合わせて出荷しています。
 成長までに2年から3年かかる花見かき。おととしの台風10号での被害により今年は例年より少ない6000個から7000個が水揚げされる予定です。
 (津軽石カキ養殖組合・山根幸伸さん)「3月に入って実が肥えておいしいカキができあがった。大きさにびっくりして、味も、おいしくてびっくり、2度楽しめるので、どうぞ(宮古に)来ていただきたいと思います」
 通常のカキの2、3倍の大きさがある花見かきの水揚げは、5月のゴールデンウイークまで行われ、11日からは宮古市赤前のカキ直売所「うみのミルク」でも販売されます。

明日のニュースエコー

W杯へラグビー教室▽女子サッカー部の春▽花魁道中 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/04/23 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。