IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

寺所有の2木像 県指定文化財に/岩手・一関市

 2017年09月13日 11:50 更新

岩手県一関市の2つの寺がそれぞれ所有する、不動明王と阿弥陀如来の木像が、新たに県の文化財に指定されることになりました。
県の文化財の指定は先週の県の審議会で、県教育委員会に答申されたものです。このうち一関市千厩町の大光寺が所有する、「木造不動明王立像」は平安時代末期の作品で、平泉町の毛越寺の不動明王像とは、両目を開いている共通点もあり、奥州藤原氏の影響があると考えられています。また一関市藤沢町の時宗長徳寺所有の「木造阿弥陀如来立像」は、鎌倉時代の多様な作風や技法の特徴を兼ね備えた貴重な存在です。2つの木像は今月19日の県教育委員会議を経て、正式に県の文化財に指定されます。

今日のニュースエコー

衆院選へ準備▽踏切事故対応訓練▽中継・跡地利用で… ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/09/22 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。