X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 
岩手県釜石市では、復興公営住宅の整備がほぼ完了しています。その一方で、新しい環境に馴染めず引きこもりがちになる人をどう支援していくかが課題になっています。そんな中、意外な場所で行われている交流が仲間づくりに効果を発揮しています。


 釜石市内の復興公営住宅や仮設住宅に暮らす人たちが集まっています。お茶を飲み、お菓子を食べながら近況を語り合うこうした場は「サロン」と呼ばれ、参加者同士が交流を深めます。



(集まった女性)

「震災のことは忘れたいと思っても思い出すもんね。テレビなんか見ると泣きたくなるから消してしまうの」「震災で旦那さんをもっていかれちゃったから、でも生きなきゃないから、ぜひとも。お迎えがくるまで頑張ってます」



 こうした会話から住民同士に支え合いの心が生まれるサロン。実はこのサロンが開かれているのは意外な場所なのです。
 その場所とは…市の中心部に建つ大型商業施設の中にあるスポーツクラブです。ここでは毎週火曜日午前と午後の2回サロンが開かれています。多い時には100人以上が集まるという大人気のサロンは釜石市が社会福祉協議会や商業施設と協力して去年8月に始めました。これまでにのべ1600人が利用しました。



(釜石市高齢介護福祉課・長野勝課長)

「地域コミュニティの再生や新たな形成に向けた取組みが進められていますが、中には引きこもりがちになる人もいる。孤立や運動能力の低下といった懸念もある。そのようなことから東部地区の既存コミュニティと復興公営住宅住民の交流促進高齢者の介護予防、フレイル(虚弱)予防を目的にして取り組んでいる事業です」
公営住宅からも出かけやすい大型商業施設内に「サロン」を開設

交流の場としての「健康教室」


 釜石市はアパート型の公営住宅の多くを中心市街地に近い場所に整備しました。その数は部屋数にして1000を超えます。そこに暮す人たちの居場所や仲間づくりの場所として目を付けたのが、中心部に2013年にオープンした大型商業施設でした。

 ここのサロンの特色はスポーツインストラクターによる健康教室です。この日のテーマは青竹踏み。



(インストラクター)

「痛い方は無理しないように。イタ気持ちいいのがちょうどいいらしいので」



 指導にあたるスタッフは様々な資格を持っていて、インストラクターとして活動するだけではなく、その資格をいかして活動しています。



(スポーツクラブ・マネージャー)

「介護福祉士、栄養士、保育士看護師等を持ってるスタッフがいます。スポーツジムなんですけど、スポーツの知識とか技術だけではなくて多面的にお客様を支えようという思いで集めました」
「友達もできて助かっている」と語る佐々木君子さん

心身の健康維持に「サロン」は不可欠


 ここのサロンに毎回欠かさず通う、佐々木君子さん(70)です。震災前に大槌町で飲食店を営んでいた佐々木さんはいま、釜石市内の復興公営住宅でひとり暮らしをしています。仮設住宅でおよそ6年暮らした後去年7月、公営住宅に入居しました。佐々木さんは長い間の避難生活で体調を崩してしまったといいます。



(佐々木さん)

「なんか閉じこもってね、私途中でね、いけなくなって病院に行ったんだよ、ストレス内科に」

 佐々木さんが暮らす県営の復興公営住宅です。2棟に60戸が入居しています。佐々木さんは毎週火曜日スポーツクラブのサロンに片道15分ほどかけて歩いて通っています。部屋は1LDK、仮設住宅から持ってきた鉢植えを大切に育てています。



(佐々木さん)

「温泉にいったときの写真を入れて寄こしてくれたのさ、仮設の」

(今この公営住宅でご近所で何かやるっていうことある?)
「ない」



 佐々木さんにとってスポーツジムのサロンは心と体の健康を維持するのに無くてはならない存在です。



(佐々木さん)

「助かってるよ、友達もできるし。だってあそこに行かなければ出来ないんだもん。あと社交場っていうのは変な話だけど、私にすれば病院になってしまうのさ」
復興交付金を活用した事業には「期限」がある

「仲間の輪」が広がる一方で課題も


 釜石市では24ヵ所のアパート型の公営住宅のうち18ヵ所で自治会が組織され、コミュニティの再生が徐々に進んではいますが見守りが必要な世帯も多く社会福祉協議会やNPOが訪問を行っています。

 仲間づくりに効果を発揮しているスポーツクラブでのサロン活動ですが課題もあります。



(釜石市高齢介護福祉課・長野勝課長)

「国の復興交付金を活用して実施しています。国の交付金事業は期限が限られているので、今後は住民主体の取組みとして健康増進教室などとして広がっていくことを期待しています」



 効果的な事業をいかに持続していくか。新たな課題と向き合いながら、仲間の輪を広げるサロンは被災地で確かな役割を担っています。
×